FC2ブログ
埼玉県はまだ緊急事態宣言が解除されていないので、ファイル出しシリーズ(?)を続けます。
前回で車両の紹介は一区切りとして、今回からは駅編です。
独断と偏見でいきます(^^)!!

その①二本木駅【えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン】(2015.4.13撮影)
二本木駅②
↑写真は、信越本線時代のもので、
 現在は妙高はねうまラインになっていますが、二本木駅のスイッチバックは健在です。
 素朴な駅舎もなかなか味があります。

 以前も書いたことがありますが、スイッチバック駅で一番好きな駅です。
 何といっても、スイッチバックの全貌が駅のホームから見られるからです。
 しかも、ちょっと地味目(素朴)な立ち位置も琴線に触れるポイントです。

スイッチバック風景でもう一枚。(上の写真と同日撮影)
二本木駅
↑もう見られなくなってしまった115系のスイッチバック。
 今は運転席を移ることもなく、
 トラックがバックするように後ろを見て運転していくので
 便利になったのでしょうが、鉄道ファンとしては消化不良気味です。

その②姨捨駅 【JR東日本 篠ノ井線】 (2011.10.16撮影)
姨捨駅③
↑一番初めに二本木駅を載せたので、スイッチバックつながりで姨捨駅です。
 姨捨駅は、スイッチバックというよりも三大車窓で有名ですね。
 ところで、なぜみんな「三大」という言葉に惹かれるのか…(^^;)

晴天の駅風景を撮った一枚。(上の写真と同日撮影)
姨捨駅②
↑この駅で眼下に広がる街を見る度に、ここに駅を作った人は偉い!と思います。
 ただし…天気がいい時に来ないと魅力が半減する、観光で来るにはギャンブル要素の高い駅でもあります。(霞んでいる景色もなかなかですが、霧でまったく景色が見られなかった時があります)

そして、昼間もいいですが、この駅が本気を出すのは、夜だと勝手に思ってます。
                      (2014.8.30撮影)
姨捨駅
↑ぐだぐだな私の写真技術では申し訳ないくらいの景色です。
 写真を撮りまくっていると、カップルなどに怪訝な目で見られ、針の筵状態になるので
 心が折れそうな人は、夜に1人で行かない方がいいと思います(==;)

その③旧川原湯温泉駅 【JR東日本 吾妻線】(2014.9.6撮影)
川原湯温泉駅②
↑何度も来訪した訳ではありませんが、旅情のある木造駅舎だったので載せました。
 建っていたところはもうダムの底ですが、移設の計画も聞きましたがその後どうなったのでしょうか?
 新駅になってからも吾妻線は乗っていますが、個人的には、せめてダムを一目見れる路線にして欲しかったです。(長野原草津口までほぼトンネルだったのがちょっと残念でした)
 
改札も懐かしい感じがします。なんだか、子どもの頃の夏休みに旅行で立ち寄ったかのような雰囲気が…(^^;)
川原湯温泉駅
↑クリックすると多少大きくなります。

まだ載せたい駅がありますが、それは駅編②に続きます。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hayahide1976.blog85.fc2.com/tb.php/1690-abd0f601