FC2ブログ
前回はまだ使われていない踏切を載せましたが、こちらが現行の踏切です。
脇野田駅2-1
↑踏切だけのアップ写真はなかなかないですが…(^^;)

そして、脇野田駅駅舎です。二本木駅と似た雰囲気です。
脇野田2-2
↑駅舎と木のコラボレーションがなかなか…と思ったら、木の根元に「北陸新幹線長野・上越間起工記念植樹」の文字が…。
 その時からこの駅の運命は決まっていたのでしょうか。ひとまわり大きくなった(と思われる)木が切なく見えます。

待合室には地区のお祭りで使われたらしい「ありがとう脇野田駅」の横断幕がありました。
脇野田2-3
脇野田駅2-4
↑写真一枚で入りきらないダイナミックな筆づかいです(^^)心がこもっていますね!

この時間は駅員さんがいましたが、時間も列車の来ない時間だっただけに改札にはいませんでした。
そのため、ほぼ自由に駅構内を出たり入ったりしていました(==;)
脇野田駅2-5
↑手作り感があるきっぷ・運賃入れです。Suica対応駅ではありません。

脇野田駅2-6
↑駅舎(構内から見た姿)と「電車がきます」ランプです。
 結局これが点灯する所を見る事は出来ませんでしたが、見てみたかったです。

ここでお腹が空いてきましたが、近くのお店を探すほどの時間はなかったため、こんな時に備えて買ってきたチョコレートを食べてその場をしのぐ事にしました(^^)
暑い時間帯でしたが、不思議と待合室の中は涼しい爽やかな風が吹いてきて、しばらくいい気持ちで線路を眺めていました。
脇野田駅2-7
↑駅舎と構内踏切と待合室と駅名標です。いい雰囲気の待合室でしたが、このあとすぐにハチが入ってきて私が退散する事になりました(><)

脇野田駅2-8
↑駅名標(小)と上越妙高駅です。この場所で眺められるのもあとわずかです…(><。)

脇野田駅2-9
↑脇野田駅の入口と改札です。ホームに続く二重扉は風雪を避けるためでしょうか。
 なんだか懐かしい感じがします。

脇野田駅2-10
↑駅構内踏切と上越妙高駅です。なんだろう…このすっきりしない気持ちは…
 例えるなら小さな商店街の向こうに大型ショッピングモールが出来たような感じです(==;)

名残惜しい気持ちでウロウロとしていましたが、しばらくすると人がちらほらホームへやってきました。もう列車の来る時間です。
時刻表を調べると、残念ながら来るのは私の乗る列車だけで反対方向の列車はありませんでした。
脇野田駅2-11
↑何かの拍子に(?)点滅しないかな…ともう一枚です(==;)
 
脇野田駅2-12
↑やってきた直江津行の115系です。
 カメラを構えていた私に遠慮したのか、こっそり待合室から男の子が様子をうかがっています。こんな小さい子にまで気を遣わせてしまって本当にごめんなさい!!

こうしてメインの目的地が終わりましたが、強行一人旅なのでまっすぐ帰らずに北陸本線にちょっとだけ行ってきました。
その様子は次回にしようと思います。
スポンサーサイト