FC2ブログ
只見駅を過ぎても雪は無くなるどころか、場所によってはまだ真冬の様な景色が広がります。
只見線⑯

そして、誰がここへ降りるんだ!?とツッコミたくなってしまう「田子倉駅」に着きました。
只見線⑮
↑もちろん降りたら帰れないので(?)窓からの撮影です。またもやピントがずれてます。

只見線⑭
↑スノーシェルターに覆われているためホームは薄暗く、駅舎はこの緑手すりの階段を上がったところにあるらしいです。

冬の間は通過駅とのことですが…この辺りは民家も見えないので、今の時期も降りる人なんて皆無なのでは…?
それに写真の時刻表にもありますが、1日3往復だなんて…(T_T)雪山装備していかないと待っている間に凍えて大変な事になりそうです。それとトンネルの中みたいな暗所閉所恐怖症の人にはおすすめしません…。私も無理そうな予感がします(><)

そして、もう一つまともに駅舎を撮ったのが「柿ノ木駅」です。
只見線⑱
↑取り込みのサイズ間違えました(爆)
 柿ノ木というのに柿の木は植えてありません。

ここは駅の側に小さな集落とちゃんとした(失礼?)道があり、秘境というよりは、素朴な駅といった印象です。
特別なものはないのですが、無駄なものもない、ザ・山の乗降場という佇まいです。
只見線⑳
↑駅舎(待合室?)のアップです。駅名看板と駅舎のつっかい棒がほほえましいです。
 やっぱりこの建物のつくりだとつっかい棒は必須なのかな…?

この駅でも乗降客はいませんでした。みんな、只見線使おうよ!

そんな訳で通る駅ごとに相変わらずのツッコミを入れながら小出駅までのんびり乗車しました。
スポンサーサイト