先日書いた583系撮影会の後の出来事です。

グッズも買えたところで、ちょうどいい時間になっていたためすでに「いなほ」がホームに停まっていました。
今から考えると大荷物を持ってフラフラ駅周辺を彷徨うより、並んでいるうちに時間が過ぎたのが良かったの…でしょうか?
撮影会の後①
↑いなほホームに降りていったところ、隣のホーム(撮影会ホーム)では既に片付けがひっそりと最終段階でした。
 看板に人員割けるのなら、この外の大行列を捌いた方が…と、ちょっぴり思ってみたり…(以下自重)
 まあ、販売先やら私の与り知らない大人の事情があると思うので。
 583系も本当に引退なんだ…(今更実感)する寂しい光景でした。

撮影会の後②
↑E653系「いなほ」です。可愛い色使いですが…個人的には以前の485系(国鉄色)が雄々しくて好きです。

今回は行列に並んだ時間が長かったので(根に持っている訳じゃないです)勢いで一緒に売っていた限定弁当を買いましたが…
撮影会の後③
↑この時点で、もうネタバレです(==;)

…掛け紙を剥がすと「和牛こまち弁当」でした。嫌いじゃないですが、なんとなくお腹が幕ノ内の気分でいたため微妙です。
撮影会の後④
↑どんだけE6こまち推しなんだ!と呟きたくなる瞬間です。

中身は以前食べたものと変わりません。
撮影会の後⑤
↑「肉!」の気分だとテンションの上がる美味しいお弁当ですが、寝不足の体にはもう少し野菜が欲しいところです。

「いなほ」の道中は、最初に乗った時こそ長く感じたものですが、乗り慣れてしまったのか(?)あっという間に新潟に着きました。
そして、撮影会のテンションで乗ったのがこの「現美新幹線」です(^▽^)
現美ふたたび①
↑上越新幹線の駅は屋根なので、綺麗な車体のデザインがなかなか映えません。写真の腕もありますが。
  E3なので、他の路線でも走ってみては…?と思っても目玉商品は他路線には行きませんよね…。

こちらは反対側です。
現美ふたたび②
↑やっぱり頭が黒いので難しいです…。けれど側面の花火模様は綺麗です。

現美新幹線は美術鑑賞部分だけでなく、座席車両が1両付いています。まさに現代アートな感じの座席です。
みんな他の車両に撮りに行ってしまったらしく、ほぼ私一人で車両を独占しました。
現美ふたたび③
↑座席の枕は最新型(?)です(^^;)

でも、やっぱり上越新幹線といったらMaxです!
撮影会の後⑥
↑無くなってしまうのがとても悲しいです…。今年の冬はバシバシ撮りに行きます!

ちょっと勢いで乗り過ぎたと思った今年の春でしたが、たまにはこんな年もあるよ!と半分開き直りつつ
夏に向けて充電しようと思います。
スポンサーサイト
今日は休日出勤の代休がもらえたので、散々迷った結果、こちらに辿り着きました。

有名ベイエリアなのになぜこの写真かというと、この角度で撮る人はあまり居ないだろう…ということで。言うなれば「裏観覧車」という感じでしょうか?(-_-;)
……実を言えば、道に迷ってやっと海まで出てきたらここだったという話だったりします。
横浜に詳しい方は「どうやって迷ったらここへ?」というレベルだと思いますが、迷ったものは仕方がない…。

《迷いびとのルート》
「あんた、休みならお使いに行ってきてよ。あとは好きに乗ってくれば?」と母に電話で言われ、
お使いで上野まで行き、本当はそのあと等々力渓谷へ行くつもりでしたが、
等々力駅に着いた途端に雷&大雨で動けず、(何故かこのタイミングで降られることがよくある)
雨雲を避けて東急に乗っていった結果、みなとみらいに着きました。

moblog_3578e79d.jpg
↑駅だけ行ったよ!という証明(?)です。これで「とどろき」って読むのは難しいです。

moblog_e4aa7b75.jpg
↑等々力駅へ行く前に乗った世田谷線です。車両はミニですが、標準機で安定感抜群です!
 近くまで来るとちょっと乗ってみたくなる路線です。

計画では全然考えてなかった横浜散策ですが、たまにはこんな休日もいいですね!
moblog_e2bf5325.jpg
↑公園に花がたくさん咲いていました(花の種類はわかりません!)遠くに見えるのはレンガ倉庫です。

moblog_59303b0b.jpg
↑「象の鼻パーク」という公園にあった植え込み(?)です。鉄道つながりで撮りました。


↑時間はたくさんあったので自分ではなかなか行かない、横浜港大桟橋の上「くじらの背中」に上ってそこからみなとみらいを撮りました。
天気のいい日の夜や、大きいフェリーが入港した時などは眺めがいいだろうな…と思います。
今日は残念ながら何も停泊していませんでした。

このまま中華街まで歩いていきましたが、そこで等々力駅で逃げてきた雨雲(違うかもしれません)に再び遭遇したので
ダッシュでシュウマイを買った後、大人しく上野東京ラインで帰りました。
今日は雨雲に振り回された一日でしたが、きっと天気が良ければみなとみらい~東急~メトロ~東武の4社直通列車で帰っていたと思います(^^;)(…って、こだわるところが違うかもしれませんね)
583系の撮影旅、続きです。

翌日、朝食と荷造りを速行で済ませ、いそいそと秋田駅の改札前に向かいました。
いよいよ撮影会受付です。あんまり早く行っても、と思い受付開始時間ちょうどに駅に到着しました。
583撮影会①

記念切符では長蛇の列が…という情報もあったので、
想像したよりも静かな駅前の雰囲気に「なんだ、撮影会はそれほどでもないのかな」と思ったら甘すぎました…。
既に200人くらいが並んでいました(><)
583撮影会②

前日同様、大勢の人にすっかり怯んだ私ですが、なんと一度に300人入れるようで、
第1班の札をゲットしました。300人…う~ん、撮影するのにこの人数は大丈夫なのかな?と若干不安になります。
583撮影会③
↑班によって用紙の色が違いました。

撮影時間までずっと並んでいるのかと覚悟してきたため、整理券で若干拍子抜けをしましたが、
よくよく考えたらあんな大人数の撮り鉄が駅のコンコースを行列占拠していた方が迷惑ですよね…。

そう思った私は熱気溢れる列を離れ、お土産を買いに行くことにしました。
583系グッズは無いから、秋田新幹線グッズかな…と選んでいると
売店の方が「本当に電車が好きな人って多いのね」と話しかけてくれました。
「あ、友達のお土産にと思って…」とごにょごにょ答えると
「昨日もね、売店開けたら『ごっぱーさんグッズはありますか?』って来て、意味の分からないうちに
10分で完売しちゃって…何が起こったのかと思ってびっくりしたのよ」とのこと。

そりゃ、10分で売り切れなら、どこへ行っても無いわけですよね。たとえ始発で行っても間に合いませんでした(^^;)
だいたい、売店の人に「ごっぱーさん」なんて言っても???だろうに…まったくもう…。

と若干呆れながら、売店を出て列の方に向かったところ、
J◎の係の方が「ごっぱーさん撮影会の受付はこちらで~す」と大きな声で案内していたので、
ああ、もうそれで通じる世界に戻ってきたからいいや的な気分になりました。

撮影会開始10分前に来て下さいということでしたが、30分前にはもう既に長蛇の列になっていました。
全員入れる事が分かっているのになぜだろう…?とちょっと考えてすぐに分かりました。
きっと、前の方は撮影会が目的じゃなく、撮影会での販売グッズが目的だという事に…。
583撮影会④
↑もちろん撮影時間は15分しかないので、たくさん撮りたい人も多いのだと思いますが…。
 指定席券を持っているのにホームの列に並んでいるようなものでしょうか。

そして誰かの「583が入線するぞ」の掛け声(?)でこんな状態に。
583撮影会⑤
↑一目見たい人たちが窓に鈴なりです。

583も無事停車し、撮影会スタートです。
583撮影会⑥
↑前日とは違い、影にならない場所に停車してくれていました。
 ヘッドマークは前日と変わりません。

方向幕の「臨時」のままです。せめて方向幕でも回らないかな~と思っていると
想いが通じたのか全回転ではないですが、変えてくれました。
583撮影会⑦

583撮影会⑨
↑「わくわくドリーム号」になりました。
このあともう一回変わりましたが、かつての方向幕が残っているのか分かりませんでした。

最後なので車両番号も順に撮ってみました。大きさがバラバラなのはご愛敬で(==;)
青森側→東京側で撮っています。
583車両番号① 583車両番号②

583車両番号③ 583車両番号④

583車両番号⑤ 583車両番号⑥
↑見事に大きさバラバラですね…(トリミングする手間を省きました(><))

東京側の先頭です。やっぱりこうして見ると、国鉄型ってかっこいいよね…としみじみ思います。(まあ、感覚が昭和なせいもあるかもしれませんが)
こうして最後に会えただけでも、散財して秋田まで来た甲斐がありました!
583撮影会⑧
↑特急エンブレムがいいですね!

583撮影会⑩
↑好きなポイントその②、運転席側面(っていうのかな?)です。

583撮影会⑪
↑少し見えづらいですが、こちらもせっかくなので撮りました。今思えば全車両撮っておけばよかった…。

583撮影会⑫
↑さらに見えづらいですが、方向幕が「ふるさとゴロンと号」になりました。
 このドアは車内見学の出口にもなっていました。…羨ましい…(><)

一気に300人…?とちょっと不安に思っていた撮影会ですが、混乱なく583系に会えたので良かったです(^^)

撮影会での写真は以上になりますが、撮影会後に「うっかり並んだグッズ販売」での出来事を書こうと思います。
題して「1時間45分の葛藤」
... 続きを読む
今日は鉄友Mさん、Kさんを道連れにして、「高崎線に四季島が通るぞ☆」という事で撮ってきました。
高崎駅通過時刻を基に来る時間を計算して待っていましたが、思った以上に来るのが早く心の準備が出来ないままの撮影でした。

日差しが強かったので後追いで撮りましたが、出来が最悪だったため車体の色を再現するためちょっぴり画像加工してます。
やっぱり、自分の設定は信じないでオートで撮るべきだったと…(今更ですが)
そして、望遠を持ってきて試してみれば良かったと…(さらに今更ですが)
四季島初対面!
↑もっとアップの写真がありますが、あまりにも車掌さんの顔が丸写りだったので諦めました(私信)

次は太陽の位置と時期を見て、リベンジしようと思います!
秋田に来てもいつも駅前をフラフラして、観光をしていないため
もし晴れていたら、ミリオンタワーリベンジという選択肢もありましたが、
ここまできたら「583系を見に行く」一択です。

片道切符は経路外で使えないため、どこまで切符を買うか迷いましたが、
583系の撮影隊はすでに思い思いの場所で陣取っているだろうという私の予想に反して
次々と乗ってくる重装備の人たちを見て怖気づいたため、
「ここは誰もいないだろう」という駅で降りることにしました。
秋田撮影①
↑八郎潟まで行こうかと思いましたが、ひとつ手前の無人駅で降りることにしました。
 私のほかに降りたのは地元の人が5人ほどでした。

駅傍にあった踏切脇の道が少し坂になっていて、結構よさそうなポイントなのですが私以外は誰もいません。
まあ、住宅地と言えば住宅地なので編成写真を撮るには中途半端な見通しなのかもしれませんし、
風景写真を撮るには緑が足りないのかもしれません。
秋田撮影②
↑とりあえず試しにつがるを撮ってみました。

線路わきで農作業をしていた若い夫婦(だと思われる)二人が
「何が来るんだろね~」などと話していて、微妙に気まずかったです。
せめて私に聞いてくれれば語れるのに…(自分から説明する勇気はありません)

そわそわしながら待っていると、遠くから警笛の音が聞こえてきました。
すぐ来るかと思いきや、思ったより遠いのか一向に隣の踏切は鳴りません。
かなりの頻度で鳴らされていたのですが、あれは手を振る人に応えているのか、線路に乗り出す撮り鉄に警笛で鳴らしたのか、判断がつきませんでした。
後者でないことを祈りつつ、カメラを構えて3分後…猛スピードで583系が駆け抜けて行きました。
秋田撮影③
↑予想以上に速かったので、ヘッドマークがぶれました(==;)

秋田撮影④
↑振り返って撮ったところ、踏切がちょっと邪魔になりました(^^;)

583系を見送った後、ふと完売グッズが気になり、ひょっとしたら秋田では完売だったけど東能代にだったらあるかも??
とさらに下りの列車に乗りました。
この日、限定グッズの販売駅が秋田、東能代、弘前、横手、羽後本荘(だったとおもう)と限られていて、
「行けばあったかも」と考えるよりも、「行ったけどやっぱりなかった」方が諦めがつくからです。
今、冷静に考えれば「秋田で午前中で完売な物が、午後の東能代にあるはずなんてない」のですが、
疲れていたのか、その判断を誤り、さらにまんまと寝過ごし、気が付いたら二ツ井駅でした。
秋田撮影⑤
↑駅員さんに正直に話したところ、そのまま折り返していいと言ってくれました。
 当たり前ですが、改札は通れずホーム待機です(><)
 この駅では、戦を終えた侍みたいな重装備の撮り鉄さんが10人ぐらいいて、さらに自然豊かな雰囲気だったので
 どうせ私もここまで来るのならここで583系を撮ればよかった(結果論ですが)と思いました(^^;)

そして、やっと東能代駅に着いた私が見たのは、想定内の貼り紙でした。
秋田撮影⑥
↑…うん…、…わかってたよ?と自分を慰めます。

この日完売したグッズは日曜日の撮影会会場でも販売があるはず…
少し冷静になった頭で思い出しましたが、同時に少し気持ちが萎えてきました。
きっと私以上にグッズに燃えている人がいて、その人たちがかっさらっていくのだろうな…という図が想像できたからです。
しかも、転売する人もいるという昨今…(><)
グッズは買えたら買おう、明日は撮影に専念しようと言い聞かせつつ、秋田への帰路につきました。

と、その前に…萎えた気持ちが少しだけ回復した五能線キハ40です。
秋田撮影⑦
↑この色を見ると五能線!という感じがします(^^)

秋田撮影⑧
↑車両番号です。キハ40のうちに五能線を完乗したいです…!

秋田撮影⑨
↑写真内のサボの文字が潰れていますが「深浦」です。
 発着駅で書いていないのが、シンプルでいいです(*´▽`*)

少し気分も上昇しましたが、さらに明日へと盛り上げるため、つがるに乗ってやりました!
秋田撮影⑩
↑到着を狙って撮ったつがるです。駅名標と貨物も一緒です。
 東能代駅は貨物線も多いので、その楽しみ(?)もありますね!

なんだかんだで寝るのが遅くなり、翌日の撮影会は受付開始少し前に秋田駅へ向かいました。
撮影会の様子は次回にしようと思います。